赤帽宮城県軽自動車運送協同組合

組織概要

赤帽宮城県軽自動車運送協同組合について

 はてな  google  ヤフー  livedoor

組織概要

名称

赤帽宮城県軽自動車運送協同組合

認可番号

仙陸自貨第294号

設立

1977年3月25日

所 在 地

〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町6-4-3
TEL:022-786-3455 FAX:022-786-8532

出資金

17,940,000円(2017年3月31日現在)

事業区域

宮城県全域

理 事 長

新田 誠喜

役員

理事 6名 、監事 2名

事業年度

自 4月1日至 3月31日

組合員数

223名(2017年4月1日現在)

車両台数

243台(2017年4月1日現在)

主な事業内容

チャーター便・宅配便・引越便・定期便・小口貨物集配・納品代行・
ハンドキャリー(新幹線などに乗ってお荷物を早く現地まで運びま
す)
生鮮便・荷卸し・開梱作業助手・新幹線レールゴー・空港便利用荷物
の納品受取り・医療機器・医薬品の緊急搬送

理事長挨拶

 平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
お陰様で赤帽宮城県は、県内外の多くのお客様をはじめ、全国の赤帽仲間からのご声援を賜り、35周年を迎える事が出来たました。
改めて感謝申し上げます。

 親切に礼儀を尽くして仕事をすれば、信頼が付いて来る事に
確信を持ち、小さな車でも大きな夢を持つ事の出来る軽運送事業に
取り組んで参ります。

 これからも宮城県内の様々な分野、業態の企業様のお役に立つことが私たちの喜びとして感じられるよう更に努力を積み重ねて、より良い輸送サービスを御提供して行く所存でございます。

組合員一同 皆様からの御用命を心よりお待ち申し上げております。

理事長:新田 誠喜

沿革

1975年
5月12日
9尺2間、机2台、4坪の事務所で、たった1台の赤帽車でスタート!
1976年
7月
東京陸運局より『軽自動車運送協同組合』の認可をうける。
赤帽組織の全国展開への第一歩!!
1977年
3月25日
赤帽宮城県軽運送任意組合として誕生。
1978年
8月17日
自総 第230号『全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会』にて
運輸大臣からの認可をうける。
1979年
3月28日
仙台陸運局より『赤帽宮城県軽自動車運送協同組合』認可される。
1979年
7月2日
法人格『赤帽宮城県軽自動車運送協同組合』認可される。
1983年
4月
1998年までの間に石巻・古川・仙南の3センター、
気仙沼・栗原・佐沼・黒川・塩釜・仙台空港 6営業所を
営業拠点として整備。
2005年
6月
宮城県と災害時緊急輸送協定調印
2008年
3月
赤帽宮城県・配車業務からの運輸管理システム導入。
2009年
4月
赤帽東北物流センター・本部に開設。
2011年
3月11日
東日本大震災
石巻センター・塩釜営業所・仙台空港営業所、津波により浸水。
宮城県本部および古川センター 社屋・倉庫被災。
2014年
4月
宮城県×宮城県警察×河北新報社共同プロジェクト
『2014みやぎ交通事故ゼロキャンペーン』に参加。
2015年
4月
宮城県×宮城県警察×河北新報社共同プロジェクト
『2015みやぎ交通事故ゼロキャンペーン』2年連続の参加
2016年
4月
宮城県×宮城県警察×河北新報社共同プロジェクト
『2016みやぎ交通事故ゼロキャンペーン』3年連続の参加
2016年
10月
仙北地区の組織変更に伴い、センター営業所の名称変更。
古川センターを『県北センター』
 栗原営業所を『県北センター栗原営業所』
 佐沼営業所を『県北センター佐沼営業所』
2017年
4月
『2017みやぎ交通事故ゼロキャンペーン』4年連続参加
2017年
10月28日
組合員研修会・仙台市消防局職員による講習会
『AEDを使用しての救命講習会』の実施。
2018年
2月23日
東北総合通信局より『特定信書便事業』の許可を受ける。
赤帽宮城県による信書の送達が可能となる。